スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深い軒

悠山想の家は、とても軒が深い!1階部分の軒先は、3m程出ています。これには相当な技術が必要なようで、足場屋さんが福岡の地元でも有名だと話していました。1階部分の軒先から見ると、グラスウールが見えます。
091018.jpg
2階部分の軒も、1m出ています。軒の先までグラスウールが入っています。
091018_1.jpg
軒が深いと、建物の下の部分の痛みがまったく違う。また、屋久島の夏の強い日射を絶ってくれるので、とてもこの地の利にかなっているはずである。

今日は大工さんたちが島に来て初めてのお休みです。島の業者の人が5時のチャイムと共に帰路に着くのに、悠山想の大工さんたちは暗くなるまで本当に良く働きます。OBの施主さんたちが、本当に満足されていたのが良くわかります。正真正銘の本物の職人さんたちです。
なので今日は感謝の意を現す為、一緒に海に遊びに行きました~(^^)v楽しんでもらえたかなぁ~♪
スポンサーサイト

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 深い軒 匠の技術 悠山想 伝統構法 設計 屋久島 古民家 家作り パッシブソーラーそよ風

comment

Secret

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。