スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1kz燃料ポンプからの漏れ修理(後編)

少し間が開いてしまいましたが、前回の続きです。
燃料系の配管を外しましたので、いよいよ燃料ポンプケースの蓋を外します。
160120.jpg
センサーを少し緩めてから、六角レンチで蓋を外します。
160120_1.jpg
センサーに付いているOリングは、完全に硬化して外す時に割れました。
蓋のパッキンも、念のため交換します。
センサー部分は、配線がつながっていますので無理に引っ張らないように!
160120_2.jpg
外したパーツは、パーツクリーナーできれいに洗浄します。
160120_3.jpg
結構きれいになるものです(笑
160120_4.jpg
劣化したパーツを交換して元の状態に組み上げます。
160120_5.jpg
念の為フィードポンプを押してみましたが、まったく漏れませんでした。

寒くなると燃料が漏れるのは、ゴム系のパッキンの劣化の可能性があります。
一度点検してみた方が良いでしょう。
当ページは、自分での修理を勧めるものではありません。
すべて自己責任でお願い致します。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。