スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の悠山想

090614.jpg 090614_1.jpg 090614_2.jpg 090614_3.jpg
1泊2日で2回目の悠山想来訪をしてきました。目的は、まだ妻が宮本さんの作品を見ていないのでイメージが湧かないという事でした。まぁ確かに。子供達を、新幹線に乗せてあげたいのもあったし。(一番左)杉岡製材所の置き場(左から2番目)90~100年生の杉の丸太が自然乾燥されている。1年掛けて、じっくりと乾燥させるのである。簡単に言えば、仕入れたものが1年間は売れないのです。結構大変そうだなぁ。。。
訪問した家は3軒でしたが、素敵な所にも案内して頂いた。星野焼の源太さんは、宮本さんの飲み仲間だそうです。一度廃れてしまった星野焼きを一から復興させた方です。とても素敵な作品ばかりでした。詩人でもあるんです。(左から3番目)
八女茶も頂に行きました。しずく茶という一風変わったお茶を頂きました。最後は、茶っ葉に酢醤油を掛けて頂くのですが、とても美味しかったです(1番右)

そんなこんなで、妻も納得のいく旅になりました。ただ子供は早く帰ろうと、うるさかったです。。。
スポンサーサイト

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 悠山想 伝統構法 古民家 設計 杉岡製材所 星野焼き 旅行

comment

Secret

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。