スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島いとこ

1日曇り空で、夕方から雨が降り出しました。

昨年、鹿児島に引っ越した娘の友達2人が3泊して帰りました。気軽にお友達を呼べる家が出来て、娘達もとても嬉しそうです♪
そして、夕方に来客がありました。誰かと思ったら、孝明さん(左官屋さん)の次男の孝幸さんです。実は、うちの仕事をしに来て頂いている時に病気が発覚して、ヘリコプターで鹿児島に搬送されたのです。その後、福岡で手術を受け無事に退院されたのです。良くなったのは聞いていたのですが、実際に顔を出して頂いてホッとしました\(^O^)/
宿も取っていないとの事だったので、うちに泊まって頂きました。悠山想の家に泊まるのは初めてとの事でしたが、木の香りと自分で塗った泥の調湿効果で朝までグッスリだったようです(笑 何よりも、家の中が温かいと感じたようでした。
100404.jpg
屋久島には昔から「島いとこ」という風習があります。大きな島で、真ん中に高い山があり、特に昔は交通が不便だったのです。島の反対側に行く時には、もちろん泊り掛けになります。その為、島の反対側には「島いとこ」という血のつながりは無いけど、お互いに気を使わず食住を提供し合える親戚関係が生まれたのです。これは代々引き継がれて、今でも助け合える良い関係を保っている人達もいます。

宮本さんに「屋久島に親戚が出来た」と言って頂いた時に、まさにそうだなぁと思いました。
悠山想の職人さんたちは、真面目で仕事熱心だから中々休みを取れないだろうけど。時間が出来たら、気兼ねなく泊り掛けで遊びに来て頂けたら嬉しいなぁ。完成した家を体感して頂きたいです(☆。☆)
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

tag : 島いとこ 悠山想 伝統構法 屋久島 設計 家作り パッシブソーラーそよ風 古民家 左官

comment

Secret

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。