スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通り土間(玉砂利洗出し)

朝から土砂降りの大雨。。。亘さんから電話で「雨だけど、生コン出してよい?」と電話が。孝明さんは、雨の段取りもしてあったので大丈夫ですと返事しました。

大型ミキサー車が入ってきました。基礎工事以来です。亘さんが一輪車に生コンを入れて、孝信さんが運びます。ひこさんが大まかに均して、孝明さんが仕上げていきます。大変そうですが、あっと言う間に塗れちゃいました。
100215.jpg 100215_1.jpg 100215_2.jpg 100215_3.jpg
これでは、ただのコンクリートの打ちっぱなしになってしまいますね。ここから、まだ手間が掛かります。まずは、玉砂利の粒の選別です。立ち上がりや土間部分、それぞれに適した粒の大きさがあるそうです。これをモルタルで練って、先程の生コンの上に塗っていきます。ここで登場したのが、秘密兵器ローラー鏝!玉砂利を抑えながら、均していきます。お昼過ぎに、全部キレイに塗れました。
100215_4.jpg 100215_5.jpg 100215_6.jpg 100215_7.jpg
まだまだ手間が掛かります!お昼前にキレイに均したのに、またローラー鏝と金鏝で引き締めていきます。こうする事で、玉砂利の頭が揃うそうです。そして、洗い出し用の薬を散布。そのあと、ビニールで土間全体をラップします。土間を踏む訳に行かないので、足場の上で全て作業します。
100215_8.jpg 100215_9.jpg 100215_10.jpg 100215_11.jpg
最後にラップしている部分の端をキレイにカットして、端の金属をブラシでキレイに掃除です。仕上げの洗い出しは、明日のお楽しみです♪
100215_12.jpg

当初、通り土間は三和土(たたき)の予定でしたが、最終的に玉砂利の洗出しになりました。三和土(たたき)は、定期的に苦汁を打ったりしなければならず管理維持が難しいようです。どちらにしても、自然のものを家の中に取り入れるのは素敵ですね。
それにしても玉砂利洗出しの土間は、左官屋さんの手間が大変ですね。一生懸命作って頂いた土間です。大切に使わせて頂きます(^^)v
スポンサーサイト

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 通り土間 玉砂利洗出し 左官 ローラー鏝 悠山想 伝統構法 設計 屋久島 家作り パッシブソーラーそよ風

comment

Secret

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。