スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキの塚

昨夜の風雨は、久しぶりに凄かった。デッキ材に塗ったボロンが、流れてしまわないか心配になった(汗 ブルーシートで養生したので、問題なかったと思います。

デッキの土台&大引きは4寸角、板の厚みは1寸五分あります。充分しっかりした材料に思えます。こんなにが無くても大丈夫なのでは?と思いますが(笑 とにかく悠山想の建物は、ガッシリした安心感に包まれています。
100128.jpg
拓さんは、階段の設置を続けています。真壁なので、柱に掻込みを入れて収めています。緻密な計算と、慎重な作業が拓さんの得意技です(^^)v 大壁だったら、柱に材を留めるだけなんですけどね。
100128_1.jpg
岳ちゃんは、お風呂場の壁の桧板張りです。こちら側から見ると、終わったように見えます(笑 もう少し、残っています。
100128_2.jpg

左官屋さんに急用が出来てしまい、急遽帰る事のなりました。昨夜、僕がボロンと格闘している時に、大工さんと左官屋さんは協力してデッキのを建てたようです。悠山想の職人さんたちは、本当に仲が良くお互いに協力し合っています。もちろん、拘りのある職人さん同士ですから、時には激しく話し合いをしている事もあります。それも、職種を超えて気兼ね無く話が出来る仲の良さがあるように思えます。

我家は、チームワークの賜物のです。
スポンサーサイト

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : ウッドデッキ ボロン 真壁 悠山想 伝統構法 設計 屋久島 家作り パッシブソーラーそよ風

comment

Secret

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。