FC2ブログ

「夫婦ふたりの小さな家」完成見学会

晴れると思っていたら、意外と雲の多い1日でした。GW明けから、防風林の手入れをしています。周りのお爺さんやお婆さんは、1年目は思いきって切れと言いますが勇気が出ない。。。(笑 けたんき以外の雑木を間引いただけで、随分とスカスカなんですけど。。。(汗
100511.jpg(パンフレット中央の孝明さん、カッコいい)
家を建てる時に、いくら!という話をする。「50万のところ45万でいいや」
最初に、島の大工さんに話を聞きに行った時の印象です。自分には、何の家が必要なのか?いくらの家を建てたら良いのかすらわからない状況でした!皆、そんなアバウトな状況で一生で一番高い買い物をするのだろうか?凄い不安感に襲われたのを覚えている(笑 どんな家なのかもわからないのに、値段だけ先に決めるのは凄く勇気が居ると思う。だから、建てた後に不満がある人が居るのではないでしょうか。

それでも最初の取っ付きが、そんなだったから「この家はいくら?」が気になった。回った業者の殆どが、「いくらですよ」と教えてくれたし、もっと単価を安くする事が出来ると教えてくれた。

そんな中、「坪単価というのは目安にはなるけど、その言い回しはあまり好きでは無い」という人が居ました。悠山想の宮本さんです。とても物腰の柔らかい口調で説明してくれました。悠山想家作りでは、工事ごとの見積もりをしっかり出してくれています。最終的には、各業者の請求書まで見せて頂いた。ですから、悠山想の荒利も見えてしまいます。(見てしまうと申し訳ない気持ちで一杯になります)全部見るのが、良い事かどうかはわかりませんが。。。どの業者よりも、価格がオープンで透明であると思う。当たり前の事ですが、大体ではなくキチンと家ごとの見積もりを出してくれます。家の造りが違えば、坪単価が変わってくるのは当たり前だからです。

宮本さんには、沢山の家を見せてもらいました。どの家も素敵というより、凄い家ばかりでした。絶対、この人にお願いしたいという気持ちでしたが、お金の事は気になりましたね。。。(笑 悠山想の家は、どう見たって安くは見えませんからね!でも!まずは、どんな家に住みたいのかを考える事が一番大事な事に気づきました。

宮本さんに、伝えた要望が全て詰まった家です(^^)vそして、この家を建てる上で、どの業者よりも安く建ててくれました。感謝の気持ちは、どんな言葉でも現せません。離島じゃなかったら、完成見学会を大々的にやって自慢しまくりたい家です。悠山想の施主さんたちは、みんな同じ気持ちだと思います。

---------------------------イベントのお知らせ-------------------------------
「夫婦ふたりの小さな家」の住宅完成見学会

うちと同じ「土と木の家」です。空気感の違いを体感するには良い季節です。
 
日時:5月22~23日(10時~17時)
場所:福岡県太宰府市
ミニ講話:11時~と14時~の2回(30分ほど)
      「この家の味わい方」宮本繁雄(設計者)

プライバシーの問題から、連絡された方にだけ地図を送られるそうです。
是非、この機会にお問合せ下さい。
-----------------------------------------------------------------------------

あ~僕も見に行きたいなぁ!僕の家も見て欲しいなぁ~(笑
宮本さんは、大演説をしたり、奇を衒って人目を引くタイプの人ではありません。
すごく素直で、真面目な物腰の柔らかい人です。
それが、家に現れているんですよね~♪
そこを見て欲しいですね~\(^O^)/
スポンサーサイト



theme : 伝えたいこと
genre : 日記

tag : 住宅完成 見学会 悠山想 伝統構法 屋久島 設計 家作り パッシブソーラーそよ風 古民家

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター