スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木挽棟梁のモノサシ

午前中雨で、午後から曇りのち晴れでした。なんだか寒いですね~。そして眠い。。。

眠いのは、昨夜、読物に耽ってしまったからです。悠山想の宮本さんが、家の引渡しの時にプレゼントされたものです。西日本新聞に連載された木挽棟梁のモノサシという記事(全15回)と、それに付随する宮本さんが書いた私見や資料(31ページ)である。

木挽棟梁のモノサシを書いているのは、宮本さんの木挽棟梁(こびきとうりょう)も務める杉岡製材所3代目の杉岡さんである。僕の家の用材も、もちろん用意して頂いております。家を建てる前に、2度お邪魔させて頂いております。杉岡さんとは歳が一緒なのですが、僕など足元にも及ばないオーラの持ち主です。

杉岡さんは新聞の連載を通して、本物の木のあり方や林業の大切さなどを解り易く書き綴っている。宮本さんは、もう少し専門的な話や資料を付け加え家のあり方に結び付けている。

杉岡さんのブログで連載を始めた事は知っていたのですが、南日本では手に入らなかったのです。宮本さんの読物と一緒に頂いて、とっても嬉しかったです\(^O^)/二人とも、凄いエネルギーを使ったに違いありません。興味のある方は、悠山想に連絡すれば分けてもらえるかもしれません。

自分の家の材料が、どんな山のどんな材料で出来ているのか!どんな人たちが、どんな思いや考えで造ってくれているのかが解っている!贅沢な話ですよね~♪お二人には、今後も頑張って頂きたいですね。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

tag : 木挽棟梁 杉岡製材所 悠山想 伝統構法 屋久島 設計 家作り パッシブソーラーそよ風 古民家

プロフィール

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。