スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のトップライト

梅雨が明けて、暑い日が続きます。

トップライト(天窓)は、普通の窓に比べ3倍明るいと言われています。うちも、お陰でとても気持ちの良い生活が送れます♪

一つだけ難点は、夏の陽射しです。南の島なので、今の時期になると北側のトップライトから真下の台所に直射日光が。。。ベルックスの遮熱タイプでも、脳天直射は暑いようです。これは、元々悠山想の宮本さんも懸念していた事でした。
専用の電動ブラインドなんかがあるのですが、配線の事や予算を考えると夏の一時だけ工夫は無いかと考えていました。
110630.jpg
布を垂らすと汚らしくなりうだし。。。そこで、プラダン(プラスチックのダンボール上のもの)を、実寸より長めで湾曲するように嵌めてみました。
110630_1.jpg
直射日光は無くなりましたが、柔らかい光が家中に広がります。なかなか良いアイデアだと思います(笑
数百円で出来ます。

ただし、トップライトは高い所にあるので作業には充分注意する必要がありますね。
スポンサーサイト

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 屋久島 悠山想 設計 伝統構法 家作り トップライト プラダン

和室の前のデッキ(続き)

台風1号が、接近している。いつの間にか、そんな季節です。ムシムシと暑い1日で、体力が奪われます(汗
110511.jpg
デッキ作りは、続いています。シナ合板で、板と板の間を均等にしながら釘を打っていきます。柱の形に板を切り、裏から補強も入れてしっかり作りました。
がっ!板の反りで束ボンドがはがれる。。。

なかなか難しいですね。デッキ作りで、板の反りは特に気を付けたい部分です!家に作り付けのデッキも、一部反りのある板があり取り付け時に気になったのです。強制しようとジャッキアップしたら、束ボンドがはがれてしまいました。意外と難しいデッキ作りです(汗
屋久島の大工さんみたいに、格好が悪くても羽子板付きの束を使えば良かったかも。。。

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 屋久島 家作り デッキ 束ボンド 羽子板

親父(おやじ)

蒸し暑い1日でしたね。。。湿気のせいで、体がだるいです。
110510.jpg
和室の前の濡れ縁作成の続きです。GW中も、親父は雑草を抜いたり、僕の仕事道具の手入れをしてくれていた。デッキの材料も、しっかり塗装してあった。
110510_1.jpg
真ん中の土台は、込み栓を打って繋いでくれたようです。
110510_2.jpg
束の裏に、コンクリートボンドを塗りました。これで、土台が完成です。

グラインダーを2台持っているのですが、1台は動いたり動かなかったり。。。かなり調子が悪かった。それも、親父がバラバラにしてしてくれた。無くなってしまったパーツも、手作りしてした(笑
なんと、ボールペンに入っているバネを、もう一度巻きし細いバネを作り出しているのには恐れ入った(汗

僕は、完全に親父の血を引いていると思う。何時か、親父の域に達したいと思う。

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 屋久島 家作り 親父 濡れ縁 デッキ 土台 込み栓 グラインダー

和室の前のデッキ作り

もう夏の気配がします。陽射しが、とにかく暑いです。
110428.jpg
和室の前に小さなデッキ(濡縁)があれば、布団を干すのにもっと楽なのに~と言われ続けて早1年(汗
やっと思い腰を上げる事にしました。まずは、モルタルを練ってを据え付けます。
110428_1.jpg
モルタルを練ったついでに、倉庫のテラスとスロープの間を埋めました。
110428_2.jpg
雨樋の立て樋の配管の踏まれそうな所も、モルタルで埋めました。
110428_3.jpg
デッキの材を刻みました。材を繋いで、ホゾを切ります。がしっかりくっ付いてから、組む予定です。

重い腰を上げたのも、親父のお陰です(笑

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 屋久島 家作り 倉庫 デッキ モルタル 雨樋 ホゾ

浴槽の断熱

今日は、種子島でロケット(こうのとり)の打ち上げがありました。お天気が良く、屋久島からも良く見えました♪
110122.jpg
いきなり、何の写真?と思われるでしょうが、昨年12月の始めに、ハーフユニットの浴槽を断熱しようとして失敗した残骸です(笑
ウレタンフォームを浴槽に吹きつけようとしたのですが、上手くいかず。。。全部、顔に降ってきました(◎-◎;)
110122_1.jpg
断熱するといっても、特別入浴していて気になるわけではないのです。以前、浴槽の下に潜った時に底の部分に対して、側面が薄く光を感じるのが気になったのです。まぁ、こんな事気にするのは僕ぐらいでしょう(爆
で!側面を断熱すれば、熱効率が良くなるのでは?と考えたわけです。
実際には、基礎断熱もしてあるし、不自由があるわけではないので、大して変わらないと思います。
110122_2.jpg
ただ、やり掛けて失敗したままでは面白くありません♪なので、シルバーの発砲シートをカットして側面に巻き付ける事にしました。
110122_3.jpg
狭いので、凄く大変でした。体が思うように動かないし。。。
そして、何より成功したかどうかなんて確かめようが無いんです(笑

実際には、朝まで放置して何度変化するとか実験すれば判るのですが。そこまで追求したいわけではなく、自分の楽しみとして「巻き付けた」という達成感に浸りたいだけなのです。
ということで、大成功~(^^)v

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 悠山想 伝統構法 屋久島 設計 家作り パッシブソーラーそよ風 ハーフユニットバス 断熱 基礎

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。