スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら建具

予想のほか天気が良く、暑い日でした。

建具工事は3/1に無事に終わっていたのですが、宮本さんから建具を替えたい旨の連絡を頂いた。これは宮本さんの一つの家を、大事に造り上げる姿勢の現われなんです。僕としては不具合があるわけではないし、入った建具の中で一番存在感のある建具なので「このままでも。。。」と言ったのですが、「このままでは後悔が残るので、替えさせて欲しいとの事でした」宮本さんが、そこまで拘るのですから了解しました。

それが、この裏玄関の格子のガラス戸です。凄いカッコいいし、お客さんを全員裏から案内したいぐらいです(笑 中から見たって一間(いっけん)ある引き戸は大迫力です。
100314.jpg 100314_1.jpg
悠山想は、茶室も手掛ける設計事務所なんですが、建具屋の手島さんも高い技術で宮本さんを支える職人の一人です。素人から見ても、凄いなぁ~と思いますもの。現代の家は工業製品の玄関扉が殆どなので、現場での作業はドライバー位だと思います。目の前で、毛引きやノミ、鋸を使っての手仕事は感動ものです♪
100314_2.jpg 100314_3.jpg
そんな凄い建具ですから、塗装も失敗は出来ません(汗 天気が良くてよかった~♪無事に外2回、内1回の塗装が出来ました。って!框だけですから、楽なんですけど。。。これだけ見ると、裸の大様のようですよね(;^_^A 立派な格子の建具と交換するのが、枠だけなんですからね(爆
100314_4.jpg
そこに入るのは、大きな一枚物の防犯ガラスなんです!これが凄いんです(◎-◎;)宮本さんには、全てが見えているんでしょうね。僕が思っていたもの以上に、宮本さんが拘っていたものを目の当たりにしました。いや~!鳥肌が立ちましたよ(凄
100314_5.jpg
施工の関係で、今日は全部はお見せ出来ないんですが、雨戸と網戸を閉めた状態でこの存在感です(汗 実際に付くまで素人の僕にはわからなかったですが、立派な格子の建具に「さよなら」が言えそうです。
100314_6.jpg
お天気が良かったので、パッシブソーラーシステムそよ風もガンガンに働いていました。立下がりダクトの近くは、明らかに杉の床が温かくなっていました。AM10時の時点で、棟温50℃でした。
100314_7.jpg

今回の建具屋の手島さんで、悠山想(島外)の職人さんによる工事は終了です。あとは電気&設備が、ちょこっと残っているだけです。あっ。。。掃除と塗装も若干の残っているか。。。(笑

今日は、もう一つ良い事がありました。この土地を紹介してくれて、近くに住む事を楽しみにしていてくれたりょうこばい。本当の孫のようだと、娘達の面倒も良く見て頂きました。りょうこばいは、既に他界されていますが、ご主人のつねぞうさん(93歳)が茨城の娘さんの所から遊びに来ていたのです。
家も無事に見て頂く事が出来ました。何か胸の支えが、一つ取れたような気分でした。元気で何時までも長生きして下さい。僕らは、お二人のおかげで島で生活出来ております。ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 建具 手仕事 茶室 防犯ガラス 悠山想 伝統構法 屋久島 パッシブソーラーそよ風 家作り 設計

建具が入りました

午前中は、晴れ間もあり暑いぐらいでした。午後から雲が広がり、夕方には雨が降り出しました。

建具屋さんは、現場で鍵や取っ手を付けるのですね。丁寧な手仕事です。
100301.jpg
大きな勝手口(裏玄関)のガラス戸です。こんな立派な勝手口は、そうは無いでしょう(笑 大人4人掛りで設置作業です。
100301_1.jpg
玄関の引き戸です。沢山ありますね~(^^)v まだ塗装が途中なのでお見せ出来ませんが、1、2、3...沢山あるでしょう!その日の気分で、家の表情が変わります(爆
100301_2.jpg
ふすま屋さんに、障子の貼り方を指導して頂きました。実際に2枚貼りました。これから、自分でメンテナンスしなければならないですからね。業務用の障子ロールも、丸ごと置いていって頂きました。引き戸の戸車に、レール、玄関&裏玄関のガラスの予備って。。。まぁ、何でも自分で出来るようにしないと、島で生活するのは大変ですからね。
100301_3.jpg
台所&洗面所の換気扇排気口のガラリを取り付けました。コーキングは、孝信さん方式でギュゥ~っと(笑
100301_4.jpg
工事も、先が見えてきました。がっ!水漏れが止まらないと、頭を抱える設備屋さん。。。まぁ、設備&電気は島の業者さんですから、ゆっくりやって下さい(笑
100301_5.jpg

建具塗装は、入れた後で塗れる所を残し何とか間に合わせました(汗 雨が降る前に、何とかなって一安心です。とはいえ、まだ全然塗れていないので何とかしなければ。。。床もあるし。。。室内の建具も、立派なのがいっぱい。。。

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 建具 塗装 勝手口 ガラス戸 障子 張替え 悠山想 伝統構法 パッシブソーラーそよ風 屋久島

建具がやってきた

久しぶりにカラッと晴れて暑いぐらいでした。

パッシブソーラーシステムそよ風棟温も、グングン上がりAM11:00には62℃に!これは効果絶大です。上に見えるのが、室温センサーです。
100228.jpg
水道管が、一直線に繋がりました~。
100228_1.jpg
そして建具屋さんの手島さんが、沢山の建具を持って来島です。どの建具も、柾目板の美しい建具です。塗装しているからわかるのですが、板の厚みが化粧ではなく本物です。この目の詰まり具合、150年は生きている杉の木です(凄
この木が美しいのは、この杉を代々手入れして下さった山師の管理があったからです。感謝です。
100228_2.jpg 100228_3.jpg
長い時を刻んだ木の命で出来た建具です。塗装にも、手を抜けません。中と外で色を分けなければならないので、娘から奪った下敷きをガラスの代わりに入れて塗り分ける作戦(洗い屋さんの月成さんが、汚れを落とす時に漆喰に下敷きを当てると言っていたのをヒントにしました)にしました(笑
建具が入ったとたん、まるで料亭のような存在感です(◎-◎;) 宮本さん(悠山想)の思惑通りに、通り土間は僕の最初の作業場と化しました。
100228_4.jpg 100228_5.jpg
気が付いたら、あっちこっちの障子が入っている。洗面所には、鏡まで付いているじゃないですか(汗 
妻が、最後まで拘った手作りの洗面台です。
100228_6.jpg

わかっていたとはいえ凄い家です。。。本当に、僕なんかが住んで良いのだろうか(汗

theme : 家づくり
genre : 地域情報

tag : 建具 柾目板 塗装 障子 棟温 悠山想 伝統構法 屋久島 パッシブソーラーそよ風 家作り

プロフィール

kayap

Author:kayap
屋久島で、2人の娘の子育て中のパパです。
将来、娘たちが安心して帰省出来る実家になったらと、安全で長持ちする家作りを思い立ちました。

このブログは、我家の建築日誌であり、家の履歴書になります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。